親の心配は逆効果!結婚相談所の活動は親が決める活動ではありません。

こんにちは

 

エンクピード 婚活アドバイザーのあさみです(^^♪

 

最近の親御さんからのご相談も頂きます。

 

子供の結婚について心配されている方が多く、

 

親御さんのお話をお聞きすると、

 

親の気持ちと子供の気持ちにとてもズレを感じることが多いです。


そもそも結婚って親がいくら心配しても、

 

子供に結婚する意志がなかったら活動しても意味がないんですよね。

 

特に結婚相談所となると活動する本人が、

 

何が何でも結婚したい!

 

早くパートーナを見つけて幸せに暮らしたい!

 

など結婚に対して明確な気持ちでないと、良い活動は出来ないからです。

 

これは私のお見合いの活動の経験や、会員さんの状況をみていくと

 

面白いくらい分かりますが、本人のやる気は活動に大きく左右しています。


ですので私は親御さんからのご相談の際に必ずお聞きするのが、

 

本人にどのくらい結婚する意志があるのか?

 

本当に結婚を考えている状態なのかをお聞きしてからではないと

 

会員さんとしてお預かりすることは絶対にしませんし、

 

親御さんが心配されるケースは本人に活動する気が全くないことが

 

ほとんどですので親御さんのご相談で終わることもよくあります。

 

いくら子供がいつまでたっても結婚しないからと親が心配しても

 

お子様は元々結婚を考えていないこともありますし、

 

親御さんが知らないだけで、そもそも結婚することが人生の選択肢の中に

 

入っていない方も居ます。

 

あるいは、結婚を考えてはいるけど活動しようかどういう婚活が良いのか

 

悩んでいる途中かもしれませんし、親が無理やり進める活動ではありません。

 

・親の結婚観を押し付けてしまっていませんか?

親御さんの中で多いのが、自分の時は適齢期に結婚して子供を産んでいるから


そろそろ子供にも結婚してほしいと言われる方が多いですが、

 

結婚を押し付けていしまったり、

 

自分が亡くなった後、子供が心配だと過保護になってしまい、

 

子供の気持ちを聞かずに先走ってしまう親御さんもいます。

 

親の人生・子供の人生決して同じ人生を歩むとは限りません。

 

その部分をよく理解してください。

 

・よくある親御さんからのご相談

「家の子は大手の会社に勤めていて申し分ない性格だけど女性と話すことが出来ずとても無口なタイプなので、こういう結婚相談所の方が合うと思って」

 

「異性と話したことやお付き合いの経験はないけど、
結婚相談所だったらリードしてくれる異性と出会えると思うから…」


「うちの娘は全く結婚する気がないみたいで、親の方が心配になる…」

 

そもそも勘違いされているのが、無口だから結婚相談所の活動が合うと

 

思う部分です。

 

よく考えてみてください。

 

無口で自信なさそうで何を考えているのか分からないような方と


結婚したいと思うでしょうか??

 

元々コミュニケーションを取るのが苦手な方は、


まずは結婚に視点を置くのではなく、人とのコミュニケーションや、


異性との接し方など根本的な部分を改善しないと活動しても

 

全く意味がありません。

 

たとえお見合いが組めたとしても次に繋がることはないでしょう。


もう一つ大事なのが、自分のことを改善する意志がある方は、


活動も視野に入れても良いと思いますが、

 

人からのアドバイスを嫌ったり、アドバイスを素直に受け入れられず、


改善する意志がない方はこのような活動にとても不向きだと思います。

 

・親御さんでよく勘違いされている結婚相談所のイメージ

特に息子さんを持つ親御さんに多いことですが、

 

結婚相談所で活動されている方は無口で全然お話出来ない

 

女性ばかりが登録していると思わないでください、皆さん容姿・プロフィールを

 

みてもとてもハイレベルで、実際にお会いしてもしっかり

 

コミュニケーションが取れ、素敵な方が多く登録しています。

 

結婚相談所での活動は男性のリード次第でほぼ決まるかが分かります。


女性の方からすると誠意ある対応をしてくれなかったり、

 

意思疎通が出来ない男性は早い段階でお断りするでしょう。

 

その部分も踏まえて結婚相談所での活動が適正なのかを、

 

親御さんではなく自分自身が考えなくてはいけません。

 

親御さんからすると、結婚適齢期になるとヤキモキする部分があるかも


しれません。ですが子供は自分の将来を考えています。

 

親はそっと見守ることが大切です。

 

結婚相談所は最後の砦ではありません。

 

ひと昔前は結婚相談所というと、最終手段のようなイメージを

 

持たれていましたが、時代は変わりました。

 

普通の日常生活で出会えそうな方が、

 

身元もしっかりして、安定した収入のある方、結婚したい意思を

 

しっかり持った方が登録されています。

 

・親御さんの対応でやってはいけない3つのこと!

①何度も「まだ結婚しないの?」と聞いてしまう

絶対この一言は言わないでください。


それは結婚適齢期のご年齢の息子さん娘さんは

 

皆さん社会人として働いていますし、ある程度独り立ちしています。

 

自立している年齢になっても親からあれこれ自分の人生に

 

口出しされるのは嫌ですし煙たがられます。

 

特に結婚はとてもデリケートな問題なので

 

親から干渉されるのはとても抵抗があります。

 

ですから結婚に関しては親から確認すること自体NGになります。

 

彼氏がいない?作らない?出会いはあるの?なども

 

結婚に繋がるような内容もやめましょう!

 

親としてはとても心配だからこそ気にする気持ちは分かりますが、

 

親から催促されても結婚出来るとは限りません。

 

むしろあまり催促されると結婚に対して嫌気がさしてしまう場合もあります。

 

しつこく催促しないようにしましょう。

 

②一方的に結婚相談所の活動を進めない

これもよくありがちなことですが、絶対やめてください。


まず本人の意思を確認しないまま、親からあれこれ

 

過度な世話を焼かれるのは子供からしたらおせっかいに感じる方が多いです。


本人の気持ちも知らない状態で勝手な判断で


結婚相談所の活動をするのは辞めましょう。

 

気持ち無視して進めると婚活自体が嫌になることもありますので要注意です!

 

本人が結婚する意志があるのかを確認して、

 

その時に選択肢の1つとしてこういう活動もあるみたいだよ位な

 

軽い雰囲気で伝えてください。


あまり心配したような雰囲気でこられると逆に引いてしまいます。

 

③息子さん娘さん周りの同級生の結婚・出産の話をしてしまう

よくありがちなのが同じ年の子が結婚した時に、


親御さんが焦ってつい言ってはいけない余計な一言

 

「結婚しないの?」という方が多いです。

 

子供からすると、親から周りと比較して言われのは

 

良い気分はしませんし、結婚・出産というデリケートな話題で

 

あればなおさら気を付けなければいけません。

 

この一言がきっかけで、

 

「私が結婚するかどうかなんて私の自由でしょ」


「うるさいな!俺のことにいちいち口出しするな」


などとお子さんから言われてしまって親子関係に溝が

 

出来てしまうこともあります。

 

後何かにつけて「友達の〇〇ちゃんは子供が出来たのにね~」


「〇〇くん結婚したらしいよ~あなたも早く相手を探さないと」などと

 

催促するかのような会話も駄目ですからね。

 

親が過剰に心配するほどストレスやプレッシャーを感じてしまうことを

 

しっかり理解してくださいね。

・お子様の気持ちを大事にしてほしいです。

親御さんからすると早く結婚して、孫の顔がみたいとか


子供に対しての理想があるかと思います。

 

ですが子供は自分の将来など親御さんが心配されている以上に

 

考えていますので、本人が本当に結婚したいという意志が分かる前に


無理に活動を進めることは辞めてほしいです。

 

とにかく結婚しないお子さんを持つ親御さんは

 

子供の結婚に干渉しない!何もしないが鉄則ですからね。


子供が本当に結婚したいと思ったら自分で何とかして

 

活動できる場所を探しますからね!

 

そんな風に頑張ってみたい!パートーナ見つけたいという気持ちになった時は

 

私達の出番になりますので精一杯婚活をサポートさせて頂きます(^-^)

 

親御さんは見守りながら子供の幸せを願ってくださいね。

 

婚活アドバイザー 今井あさみ

エンクピード 岐阜代表

 

結婚相談所での活動を通じて主人と出会いました。

私自身のお見合い経験を元にアドバイスさせて頂きます。最高のパートナーを一緒に見つけましょう!