婚活女性必見!出会った人を好きになれない?!その原因と対処法について

こんにちは エンクピード 婚活アドバイザーのあさみです(^^♪

 

お見合いでの婚活で特に女性が悩む部分ですが、

 

お相手に対して好きになれず、交際に入っても

 

また会いたいな…デートしたいな…という気持ちになれず、

 

数回お会いして交際を終了してしまうことがよくあります。

 

結構同じ悩みを持つ女性の方は多いですね。

 

お見合いまでは、スムーズに進んで交際に入りますが、

 

お相手に対してもっと知りたいという気持ちになれず、

 

毎回交際が深まる前に終わってしまう。

 

私が好きになれないから悪いんじゃないか…とか

 

何度もデートの約束をしているのに、気持ちが高まらない

 

私がいけないんだ…など、自分自身を責めてしまう方も多いです。

 

実際に活動されている方に多い悩みではないかと思います。

 

でも決して悩むことはおかしなことではないんですね。

 

普通のお付き合いって運命的な出会いから入って、

 

お互いに恋に落ちて、愛を育みながら交際に入り結婚しますよね!

 

なのでお見合いの活動をする時にも、その恋愛のイメージが

 

強い状態で活動をされているので、恋愛のようなビビッとなる感覚で、

 

お相手のことを考えてしまう方もいるんですが、

 

お見合いでの出会いって、普通の自然な出会い方ではなくて、

 

お互いのプロフィールやお相手の情報を見てお会いすることから始まるので、

 

いきなり恋愛モードでお付き合いするという感覚ではないんですね。

 

交際して最初から恋愛のような感情が芽生えるのは難しい部分があります。

 

お見合いの活動は結婚相手を見つけることを目的としているので、

 

お相手に対して、一緒に居て心地よいかとか、お互いに尊敬しあえるかとか、

 

最初は恋愛のような気持ちの高まりがない状態でお相手を判断していきます。

 

私自身も実際に、旦那さんと結婚を決めた理由は

 

「一緒に居て居心地が良いし、優しく穏やかだから結婚したら幸せになれそう」

 

というのが旦那さんと結婚を決めた理由の1つです。

 

私自身は普通の出会いでの交際経験もありますが、活動を始める前は

 

お見合いの出会いは物足りなさがあるんではないかと

 

思いながら活動をしていましたが、思い切って婚活を始めて、

 

お見合いを通じて旦那さんと出会い結婚して、活動を振り返ってみると

 

この心地よい安定感が一番だと思っています。

 

恋愛相手と結婚相手はやっぱり選ぶ視点が違うんですね。

 

もちろんお見合いでも恋愛のような、気持ちの高まりが早い方もいますが、

 

基本的にお見合いしてすぐに恋愛のようなときめきの状態になる方は少ないです。

 

成婚が早い段階で出来る方は、とても見分け方が上手で、

 

最初から恋愛のようなときめきを求めず、結婚後の居心地の良さや、

 

安定感などを先にイメージしながらお相手を選んでいる方が多いですね。

 

なのでいきなり「大好き!!」という感情から交際に入るのではなく、

 

「何となくこの人いいな…」位からのスタートです。

 

そんな今日は婚活で中々お相手を好きになれない方の原因について

 

お話させて頂きますので、婚活中の女性の方は今の自分と照らし合わせて

 

読んでくださいね。

 

良い人なのに好きになれない原因って?

大体お断りする女性のお返事はこのケースがとても多いです。

 

この時点でもう少し頑張ってお会いしてみたら好きになれるか?といったら

 

正直難しいです。というかこれ以上お付き合いするのは辞めた方が

 

お相手の為にも良いと思います。

 

優しくて良い人って、活動中でも沢山居るんですね!

 

全員に恋愛感情を持てるかといったらそんなことないですよね。

 

いくらいい人でも、いくら顔がよくて条件が良かったとしても

 

お相手の方と沢山話して、心から「一緒にいると楽しいな」

 

「居心地が良くて落ち着く」「会いたいな…」と思えない限り

 

それ以上の進展は生まれません。いくら性格がよく優しくて

 

申し分ない方でも「良い人」だけでは、測れない部分がありますし、

 

お互いの考え方や価値観、楽しいと感じるツボなど決定的に

 

違う部分があると、中々好きになれないということがあります。

 

相手のちょっとしたデートでの振る舞い、表情や言葉の掛け方など無意識に

 

何か引っ掛かってしまう部分が出て、交際にブレーキをかけてしまう方も多いです。

 

そんな時に無理に好きになろうと頑張っても結果は見えていますよね。

 

お相手の立場からしたら、そういった女性の気持ちや本心が分からないまま

 

お断りされてしまうので、お相手の方を傷つけてしまうことになります。

 

もちろんお見合いの出会いは、仮交際の期間でしたら、自分である程度自由に

 

お付き合いができるのでそこは気持ち的にも楽だとは思いますが、

 

交際する上で大事なことは、お付き合いを始めたらちゃんと

 

「お相手と向き合う覚悟を持つこと」です。

 

自分のために時間を使って向きあおうと努力してくれて、

 

心を通わせようとしているお相手なら、お相手の気持ちにきちんと自分自身が

 

応える必要があります。それはどういうことかというと、

 

「自分の気持ちに嘘をつかない」ということです。

 

もし自分が逆の立場だったとしたらとても悲しくないですか?

 

自分が良いなと思っていたお相手から無理して自分のことを

 

好きになろうとしていたら私だったらとても悲しい気持ちになります。

 

もしお相手がそのような気持ちで、しかも貴女がその

 

お相手の気持ちに気付いてしまったら一気に気持ちも冷めてしまうでしょう。

 

もう婚活なんてしたくないという位の気持ちになると思います。

 

婚活で大事なことは自分の心に嘘をつかない!

 

そして強い軸を持つことが大事です。

 

女性の方はお見合いでの婚活はとても有利です。

 

男性からの愛情を受け、応える立場です。お相手に対して気持ちや

 

愛情に自分が応えてあげられるのか、交際に入ってからも

 

自分自身に何度でも問いかけてください。

 

そして今度は自分がお相手に対して愛情を注ぐことができるか?

 

愛情を表現できるか?これもとても大事なことです。

 

それは私や友達、家族から答えを出してもらうものではなくて、

 

答えはあなた自身の心にあります。

 

頑張る部分を間違えないようにしましょう

お見合いでは、自分が頑張りすぎなくても、

 

お付き合い出来る方に出会うことが大事です。

 

自分が無理するような頑張りは必要ないですが、

 

ずっと一緒に居られるお相手に出会うまでの頑張りは必要なんですね。

 

特に婚活中の女性の方が疲れてしまうのは、

 

自分が好きになれない方を、好きにならなきゃと無理矢理気持ちを

 

奮い立たせようと、頑張ってしまったり、好きになれなかった自分を

 

責めてしまうので、心がボロボロになって疲れてしまいます。

 

一緒に居て居心地の良いお相手に出会えるまで、

 

早い方もいれば遅い方もいます。どれだけお見合いをして出会えるかは

 

神様にしかわかりません。でも婚活の根底の部分である、

 

結婚して絶対に素敵なパートナーを見つけて幸せになるという気持ちは

 

忘れないでほしいですし、諦めたらそこで終わりですので、

 

中途半端な活動だけにはしないでくださいね。

 

自分が気が済むまで活動を頑張ってみて、どうしても無理だなと思った時は、

 

別の活動を考えれば良いだけです。

 

ただ1つだけ注意してほしいのが、お相手のあら探しはしないことです。

 

ささいなことで無理と判断するのではなく、良い部分を見つけるようにして

 

お会いしていくことが大事ですよ。

 

それには色んな方とお会いしてみなければ分かりません。

 

自分が無理するような頑張りは婚活では必要ないですが、

 

「自分が幸せになるための頑張り」は婚活に必要だと思います。

 

成婚までの道のりは自分次第で大きく変わりますので、中々交際が発展できず

 

悩んでいる方は今の自分の状態を一度振り返ってみてくださいね。

 

婚活アドバイザー 今井あさみ

エンクピード 岐阜代表

 

結婚相談所での活動を通じて主人と出会いました。

私自身のお見合い経験を元にアドバイスさせて頂きます。最高のパートナーを一緒に見つけましょう!